腰痛にまつわる時代遅れの「常識のウソ」を「新常識」と入れ替えましょう。

みなさん、腰痛について間違った説明を受けていませんか?ここ10数年で従来の腰痛に対する概念が変わってきています。未だに、腰痛や下肢痛の犯人はヘルニアや脊柱管狭窄だと思っている臨床家や患者様が多いようですがホントにそうなのでしょうか?
世の中には腰痛や坐骨神経痛の治療法が星の数ほどあるにも関わらず、患者は減るどころか増加の一途を辿っています。なぜなら、不適切な医療が行なわれているからだと世界各国の腰痛診療ガイドラインは指摘しています。

そろそろ腰痛にまつわる時代遅れの常識を捨て去り、新しくなった腰痛概念を身に付け、腰痛に対して抱いている態度と信念を改めて、より効果的で費用のかからない21世紀の治療を始めませんか?

すべての治療法を試してみるほど人は長生きできません。腰痛疾患でお悩みの方は有効性の確認された治療法で一日も早く治してしまいましょう。医療関係者の方はプロの義務として最新の知見をアップデートし、子孫に負の遺産を残さないためにも根拠に基づく情報の拡散にご協力ください。(TMSジャパン長谷川氏)
当院では国際腰痛学会の研究データを参考に施術を行なっております。
ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されてもご安心ください。

直立二足歩行が人類の宿命!まだそんなこと言ってるの?

二足歩行の多い生活をしている人ほど腰痛発生率は少ないのです。

歳のせい?腰痛の発生率のピークは35歳~55歳です。

職業病?肉体労働者よりも無職の人の方が発生率は高いです。

腰痛には安静が一番?安静臥床は、回復を遅らせるどころか危険要素ありです。