婦人科・妊産婦・産前産後の症状

婦人科・妊産婦・産前産後の症状

症例13:【首痛、上肢の痛み】産後10日

主訴、病歴

首痛、右上肢の痛みを訴えて来院。
4日前より自然に起こった、整形を受診するも原因は不明。

施術、経過

斜角筋に圧痛があり、授乳による首の傾向き姿勢と出産によるホルモンバランスの影響と思われた。
これは、一回の施術で解消された。

症例12:【産後の骨盤調整】32歳、産後3ヶ月

主訴、病歴

産後の骨盤調整をしてほしいと来院、
頭痛、めまい、立ちくらみがするとのことでそちらを治療する。

施術、経過

一回の施術で楽になり、その後症状はない。

症例11:【恥骨の痛み】28歳、産後1週間

主訴、病歴

恥骨の痛み、立ち上がりや歩行が痛い。
出産一か月前から起こり昨日より痛みがひどくなった。

施術、経過

1週間に2回の施術で痛みはなくなる。
過呼吸症候群もあるとのことで、そちらも治療する。

症例10:【お尻の痛み】27歳、妊娠6ヶ月

主訴、病歴

お尻の痛み、ここ一週間くらい立てないことがある。
産婦人科を受診、骨盤ベルトを装着するように促される。
現在お腹には双子の赤ちゃんがいる。

施術、経過

2回の施術にて症状は、無くなる。

症例9:【腰痛】37歳、産後6ヶ月

主訴、病歴

腰痛、起床時が特に痛い、その後徐々に楽になる。
慢性的に腰痛があった。産後2ヶ月位してから悪化してきた。

施術、経過

3回の施術で症状は改善、痛みもなく日常生活が楽になる。

症例8:【股関節痛】35歳、産後6ヶ月

主訴、病歴

右股関節の痛みを訴えて来院、歩行、立ち上がり、骨盤周囲も痛い。
これは、妊娠中より痛かった。

施術、経過

この症状は、股関節、骨盤、縫工筋が関係していた。
3回の治療で、普通に生活しても痛みはなく治療を終了する。

症例7:【お尻~大腿後外側の痛み・首の痛み】24歳、産後3ヶ月

主訴、病歴

右臀部~大腿後外側のキリキリした痛みを訴えて来院。
立ち上がってしばらく歩けない、あぐらも痛い、この症状は産後より起こり、骨盤の形も変わった様に感じる。
左腕を上げるのも痛くなり、首も痛くなった。

施術、経過

神経学的なものはすべて正常で、仙腸関節からの症状と思われた。
1回の施術で症状は改善され喜んで帰られる。

症例6:【右股関節の痛み】27歳、産後10日目

主訴、病歴

右の股関節、恥骨付近の痛み、足を上げることが出来ない。
妊娠中からこの症状は起こった。

施術、経過

骨盤、恥骨の調整により施術後に足は上がるようになる。
6日後2回目の来院時、痛みは全く無い調子も良好とのことで終了する。

症例 5:【不妊】 33歳、販売員

主訴、病歴

この女性は、結婚後4年間子供が出来ず、1度子宮外妊娠で流産している。色々な症状で来院しておられた。肩こり、腰痛、首痛、鼻水クシャミ、突発性難聴、耳鳴り、顎関節痛などである
これらの症状を治していくうちに、初診時から7ヶ月後、妊娠し無事出産された

施術、経過

その後も年に3回くらい治療に来院されていたが、今では体調もよくなり年に1~2回程度である
そして、二人目も無事妊娠出産される。

症例4:【不妊・生理不順】27歳、女性、公務員

主訴、病歴

骨盤の矯正をしてほしいと言って来院、話を聞くと腰痛があり生理不順で子供が出来ないとの事。他に頭痛、便秘もあった。

施術、経過

1回目の治療後すぐに生理が来たとのこと、その後月1で3回治療、順調に生理はあるとの事でその4ヵ月後妊娠して、流産の徴候も無く無事出産、その2年後にまた生理不順ぎみで来院、その7ヵ月後にも来院、いつも治療後には生理不順は解消されている。

症例3:【生理不順】17歳、高校生

主訴、病歴

生理不順を訴えて母親と共に来院、当院の検査ではコンプーターC3000は副腎と甲状腺の所でブレイクしていた。おそらく機能が低下していると思われた。

施術、経過

副腎、甲状腺の機能を亢進させるため椎骨をアジャスト、その後、様子を見て骨盤をアジャストする。
1週間後コンプーターC3000はストレートラインになっていた。
骨盤を矯正して治療を終了。経過を観察する。
その後母親より連絡あり正常になったとのことである

症例2: 【生理不順】35歳、販売員

主訴、病歴

以前より、腰痛、肩こりで当院にかかっている女性である。5ヶ月前より整理が無く、その前も6ヶ月無くホルモンの注射をしてもらったとのことである。今日は腰仙部の痛みを訴えての来院であった。

施術、経過

仙骨と下部胸椎の治療を行い、3日後来院してもらった。前回の治療後すぐに整理は起こったとのことであった。
その後もこの女性は、良く腰痛で来院され時々生理不順に見舞われている。調子の良い時でも定期的に治療をすれば改善すると思うのだが、仕事や家庭の都合などでなかなか難しいようである。また人は痛や症状がなくなると治療をやめるのが多いのも事実である。

症例:【股関節痛】32歳、妊婦(7ヶ月)

主訴、病歴

右股関節の痛みを訴えて来院、寝ると痛い、歩行は痛い時と痛くない時があり我慢できる。これは妊娠後より起こった。前回の妊娠時にも痛くなり、出産後半年程で治った、今回はその時よりも痛みが強い。産婦人科では、たぶん亜脱臼だろうが、妊娠中は何も出来ない、我慢するしかない。との事

施術、経過

小殿筋、梨状筋に圧痛と仙骨の機能障害が確認された。アクティベータ治療により、治療毎に症状は緩和され、1週間に4回の治療で完治、終了する。

天草の整体、カイロプラクティック

施術の流れ
当院での施術の流れをご紹介します。当院の療法をご理解いただくページです。
施術について
アクティベータ療法や心身条件反射療法(ニューロパターンセラピー)のご紹介です。

お問い合わせ、ご予約はこちらから

ページの先頭へ